So-net無料ブログ作成

これが「水滸伝」の映像です(動画) [懐かしの映像「水滸伝」]

はじめに申し上げておきます

ハッキリ言ってこの映像を無断で公開することは
著作権法上は問題のある行為 です!!

ですが、あえて公開しちゃいます。
なぜなら、
知る限りこの作品は、いまだビデオソフト化されていません。
つまり、
一般にはまず見る機会のない映像なのです。
 それに、
 初めて世に公開されたのは今から34年も前の1973年
 昭和48年のことなのです。作品の著作権は有効ですが、
 現時点(2007年)でこれを公開することにより、直接
 著作権者の利害関係に影響が生じるとは思えません。
  ただし、出演されているキャストの方には
  ご迷惑がかかることがあるかもしれませんので、ここでお詫びしておきます。

2011年4月19日 Toho Co., Ltd. よりYouTubeを通して公開している
 動画が権利を侵害している」旨、申し立てがありましたので、現在は
 動画は全て削除されておりますことをおことわりします。


前回の記事を読んでいない方へ>
 TOQがまだ小学校高学年の頃、日本テレビの
 開局25周年を記念した大型番組として、
 横山光輝のコミック版を原作とした
 水滸伝(すいこでん) がテレビで放映されました。
 (©1973,日本テレビ/国際放映)
 その 秘蔵映像をTOQは持っているのです。


さぁ、お待たせしました。これがその映像です。
手持ちのテープの中で保存状態が良かった分の中から
第13話20分のダイジェストでお見せします。
YouTubeでも約10分という制限がありますので、前半/後半に分けての提供です。

前半部分



いかがでしたか?
後半を見る前に、ちょっとだけいいですか。
(ガマンできない人は、とばしても構わないですよ)

 今から34年も前に豪華メンバーによる
 こんな面白い作品がテレビで放映されていたのです。
 つくりも本格的でしょう?

 TOQとしては、この公開を機会に是非とも
 キレイな映像の状態でビデオ化の動きが
 起こってくれたらいいなぁという思いなのです。



思うに、
この作品の企画が立ち上がったとき
豪華メンバーによる本格的な水滸伝
を作ろうという狙いがあったハズ

後世にまで残るような作品にしよう


勿論、
企画自体が開局記念番組という局のキモ入りですし
当時としては破格の制作費をかけているのでしょう。
そして、ウリのひとつが
オールスターキャスト
出演者に豪華なメンバーを集めて
しかも1年ちかく拘束するのですから
予算の大半の行方は推して知るべしです。

残りの予算でよい作品を撮ろうとすると、
どこかで無理する必要が出てくるでしょう。
それでも—
たとえ、セットの予算を削ってでも
金をかけるべきところはかける


見ていると、
プロデューサーが 作品に対して
良心的な製作費の配分をしているのが
わかります。

その姿勢が端的に表われているのが
の扱いです。



なんせ、オープニングでは主な登場人物が
全員馬に乗って一列に隊を組んでいるし、
本編でも必ず馬とともに登場します。

そりゃあ、移動手段が馬しかない時代だから
考証上は当たり前だけど、時代劇のドラマでも
こんなに乗馬シーンは出て来ないですよ!
馬だってタダじゃないんだから!!
ましてや
悪役に至るまで全員馬を操っているんです。
吹き替え(代役・スタントマン)じゃないんですよ。
 よく、見てくださいね。
 元ウルトラマン/ハヤタ隊員⇒現悪役(笑)の
 黒部進さんも、ちゃあんと馬に跨がってます

こんなの他に見たことない!!
出演者は全員乗馬の訓練をみっちり
受けさせられたのだと思うのです。
 皆んな若かったなぁとは思いますが、
 悪役中の悪役・佐藤慶さん
 長門勇さんも、山村聰さん
 ちゃんと馬を駆る姿を披露してます。
これでは、
そもそもキャスティングの条件が
馬に乗れることだったのでは?
と思ってしまいます。


圧巻のオープニングに登場する出演者も豪華でしょう?
それぞれ一瞬しか写されませんが、オールスターキャストの
作品らしく、主なメンバーが対等に秒割りされています。
 この回では
 黒沢年男さんあおい輝彦さん
 それぞれ単独で主役を張れるような人たちが
 対等の立場で役に徹し、物語の主役の林中役
 中村敦夫さんを立てていますし、、


義によって、人を斬るとは言いながらも
その根っこの部分は山賊にちかいのが梁山泊の連中
従って、その立ち回りは荒々しくて野生的
明らかに、フツウの時代劇とは違う
ダイナミックな殺陣(たて)で
見ていてカッコいい〜と感じてしまう

同じ時期に、
大江戸捜査網」でも見事な立ち回りを見せていた
一丈青扈三娘(いちじょうせいこさんじょう)役
土田早苗さんは、なんと二刀流の殺陣を披露。
紅一点という立場に甘んじることなく、
真に実力派として君臨しています。


今回、ダイジェストを編集しながら
この第13話の監督/降旗康男さんは、
アクションに長けたカントクだなぁ
と感じました。
そのダイナミックな動きには
目を奪われること必定ですよ。



お待たせしました
さぁ、後半部分です

クライマックスシーン、迫力あったでしょう?
 逆光を背にカメラの前で斬り合いする
 ラストの構図も斬新でしたよね!

いやぁ、いわゆる時代劇の 勧善懲悪の殺陣
 たった1人のヒーロー 対 その他大勢(斬られ役)
ではなく
複数の人間が身を護るために集団と戦う姿
が実に新鮮で、必死さが伝わってきて
だからこそ、次々に斬り倒していく姿が
見ていてスカッとするんですよね。


どうですか?
ビデオソフト業界の皆さん!
DVD化されてない作品をリストから探しまくり
版権の取得、映像化交渉に日夜駈けずり廻ってるなら
こんな面白い作品を放っておく手はありませんよ!!
是非、ソフト化に向けて動いて下さることを期待します。


あっ、それから前回の記事で紹介した主題歌の著作権者が判明しました
 作詞は関沢新一さん
 作曲は佐藤勝さん
 (この人は黒澤明作品の音楽で有名)
 歌はなんとピート・マック・Jr.さんで
 我々の世代だと同じ日本テレビの
 (新)ルパン三世で馴染み深い人ですよね

さらに先に掲載した歌詞に誤りがあることもわかりました!

  人生はしれたものさ うまくいっても
  一片の雲のように  流れ去るだけ
  泣くな友      泣いたって
  昨日は昨日さ    明日じゃない



ところで
そもそもなんで『水滸伝』秘蔵映像を紐解いたのか
っていうと、テーマ曲の歌詞を確かめたかったからなんだ(^^)

前回の記事をアップしてから、
「あっそう言えば、オレ水滸伝の映像 持ってたじゃん!!」
て気づいて。。

しかし、それからがタイヘンだった!!

まずね、
それを録ったテープが「ベータ」だったの。。。
 えっ、知らないの?SONYのベータマックスだよ!

じゃ、ダメじゃん。今じゃ見られないって思うでしょ?
ところがどっこい、
SONYファンのTOQには問題なし
ちゃんと稼働するベータのビデオデッキがあるのです。

なんとTOQのAVラックに3つ並んだデッキの
ひとつは今でもベータなんだよ!!もちろん現役で動いてますよ。
 音多(ステレオ)未対応機なんで、録画には使わないけど
だから、過去に録った番組を見ることは出来るんだけど、、、


肝心の『水滸伝』録ったテープは、長いことテープラックの
奥の方に保管してました。前に住んでたとこは湿気が多くて
一部テープが傷んだりしてたから、ダメかとあきらめていたんだ。
 知ってる?テープってカビたり、フニャフニャになるんだよ!
⇒でもさ、全滅はしてないハズだと思い直して、今回久々に
 取り出してみたら、保存状態がいいテープが見つかったの!!

やっとの思いで見つけた貴重な映像を
劣化しないうちにと、ひとまずDVDにコピー。
そのDVDの出力がうまくパソコンにとりこめるかをテスト。
(そのテスト映像は前回の記事で、こっそり提供しています)


それで
映像のチェックをしてたら、すっかり
『水滸伝』の面白さにハマってしまい
なんとか、この面白さを他の人に伝えたい
と思って(違法行為の疑いがありますが)
YouTubeで公開することを考えたんですが—

今度は番組全部をアップできない(1時間番組だから)
ので、見せたい箇所のみ編集する必要がでてきます。

編集をi-Movieで行おうとすると、映像入力は
DV形式でないといけません。
(DVカメラをつないで、編集するソフトだから)


この記事で提供した映像は、βビデオデッキからの
アナログ映像出力を直接DV形式に変換して
 パソコンに取り込んだのですが、
 そのときに用いたのがコレ。
 DVコンバータです。
 より本格的な映像編集に向けて、先日から導入しています。

いやぁ、コレ、ホントに魔法の小箱です!
こんなに小さいクセにすぐれモノで。。

 参考までに、
 TOQが購入したのは
 カノープスのADVC-55という機種です。
 ポンと買うには、ちょっと値が張りますが、、



実際に取り込んでみて、あまりにもキレイな画像
昔のβの映像が取り込めることにビックリしました。
 YouTubeで公開すると更にFlashに変換されるので
 動きの速い箇所は画素が粗くなるけど、殆ど動かない
 箇所では俳優の細かい表情までハッキリ見えているでしょ?

YouTubeでも10分を超える作品は不可という
時間制限があるから、編集がタイヘンなんだけど
もし、好評でリクエストがあるなら他の話数も
取り込んで提供してみたいと思ってますよ  (こっそりとですが)



<特報>
(2007年10月14日追記)
水滸伝 第17話の公開 を開始しましたよ (^^)/
よろしければ、コチラまでどうぞ
勝手に『水滸伝』ウィーク 始まるよっっ (動画)



<ついに判明!!>
(2011年2月13日追記)
当記事を公開してからもう4年ちかくなりますが、
いまだに多くの方が検索で見つけて下さいまして
懐かしの『水滸伝』の世界にハマって下さるのは実にウレシイことです。 (^^)/
ただし、その大半は
土田早苗ヌードキーワードでヒットされた方
らしいので、映像見たらガッカリしているでしょうねぇ(爆笑) ご期待に沿えませんで。。
そう、第13話にも第17話にはそんなシーンは含まれていないのです!!
「じゃあ、一体何話を見ればいいんだっっ (殺気)」
まぁまぁ、落ち着いて—。

昨日、久しぶりに『水滸伝』の映像を見直していたら、そのシーンが見つかったのです♪
公孫勝(こうそんしょう)の師匠・羅真人(らしんじん)が一丈青扈三娘に覚悟のほどを問う
場面で彼女に幻覚を見せるのですが、この仙人(伊藤雄之介)がスケベな爺さんでして(笑)
「全てを脱ぎ捨てその身を衆人に曝すのじゃ!!」
と命ずるのです。すると、扈三娘は着ているものを1枚づつ脱ぎ捨て最後は裸身に・・!??
しかし、両手で身体を隠しじっと目をつむったまま。そして「出来ない!!」と叫ぶ。。。
その声にハッと我に返ると服は着たままで、全てが幻覚であったことに気付くという場面。
つまり、ヌードになるのはほんの一瞬ですし、カメラは土田早苗さんを側面から撮るだけ。
それでも、コレは当時としてはかなり衝撃的な映像だったと想像できます。夜遅い時間で
いかにも日本テレビらしいサービス♡ですけどネ。ここで、脱ぐ必要なんて全然ないし(笑)
それがいきなりヌードですからね?子供だって見てたのに!?

まぁ今見れば、オッパイが見えちゃうワケじゃないし、別になんてことないシーンですよ。
それでも、当時の思い出として どうしても もう一度見たいっていう人は
Vap から発売された コチラのDVD-BOX購入していただくしかありません。
そう、現在はシリーズ全話がDVD化されています(従って、新たに著作権が発生します。
更にTOQが無償で公開することにより権利者に利害が及ぶ状況になってしまいました)。
この際、すでに YouTubeで公開済みの話数 には目をつむっていただこうかと思います。
しかし、冒頭で述べたように確信犯ですし、本来は著作権を尊重するスタンスなんです。
だから、TOQは新たに『水滸伝』の映像を権利者に無断で公開することは出来ません!!!

水滸伝 DVD-BOX
 コチラが日本テレビ版の
『水滸伝』のBOXです♪
 めでたく入手できたら
第18話が収録された
 巻を探してみてくださいね♡

nice!(3)  コメント(17)  トラックバック(5) 
共通テーマ:動画

nice! 3

コメント 17

紅葉

すごいですねぇ!!!!
そんなに前の作品があったなんてぇ(・∀・;)
しかも、取り込む根気がすごいです!!!!

それに!!!ずーっと昔なのに、ちゃんとしてて!!!!
ふむふむ、そうなんですか。馬にのれるのが条件・・・
それっぽいですよねぇ♡(。→∀←。)つか、いまどきの水戸黄門なんかで
馬みないですよねぇ。それなのに、馬のしーんばっか・・・・
すごいんですねぇ。最初本当に、そんなに昔の作品じゃないやん!!!
っておもってましたが・・・・!!!!昔の作品でした!!!
目うたがいました!!!スタントもなしなんですか(☉∀☉)
by 紅葉 (2007-03-24 04:05) 

TOQ

わぁい、kure-haさん観てくれてありがと〜(^^)/♡
今でも十分楽しめる作品でしょう?キレイな映像で提供できたから
kure-haさんにも面白さが伝わったんですね!!ウレシイよぉぉぉ(TT)

馬にはホントびっくりしました。ねぇ絶対そう思うでしょう?
さすがに落馬するとこはスタントだと思うけど、シーンによっては乗ったままセリフ言うから、馬がじっとしてなくて言いにくそうだし(笑)
コレ、DVD化されたら絶対売れると思いません?niceありがとう。
by TOQ (2007-03-24 15:57) 

貴重な映像ありがとうございます^^

CGのなかった時代のほうが
好きなんですよね~(^^)

西遊記ももう一度みたいんですが
なかなか難しいみたいですね
by (2007-03-26 02:12) 

TOQ

らぶさん、楽しんでいただけましたか? niceありがとうです(^^)/
確かにセットは実物だし、アクションは本物だし、、
これだけウマが絡むのも今では考えられないですよね〜
CGがない分、映像から生身の人間の呼吸が伝わってくるでしょ?
実は、深夜ワクでの水滸伝の再放送が終了した後、同じワクで
「西遊記」を再放送してたらしいんですが、録画してなくて(><)
by TOQ (2007-03-26 07:15) 

TOQ

>OFさま、niceありがとうございました〜♪
by TOQ (2007-04-15 22:37) 

うさぎ

 はじめまして。たまたま横山光輝で検索してこの作品を知りました。
初めて見たのですが、衣装など、かなり原作の時代に忠実で素晴らしいドラマだと思います。高キュウのイメージも、ピッタリでした。ありがとうございます。できれば一話目から見てみたいです。どうやら再放送去年していたらしいのですが、知らず、今は夏目雅子の西遊記になったらしいです。
by うさぎ (2007-06-05 21:48) 

TOQ

>これは うさぎさん、ようこそいらっしゃいませ(^^)/
去年、再放送ですか??TOQが録画したのは昭和60年のこと
ですから、事実とすれば何年ぶりの再放送だったのでしょうか。
全話数分のテープはあるのですが、保存状態がよいのは数本だけ
なので(><)現在は、この他に最終回を公開してしますが、また
時間をつくって他の話数もお見せすることを約束しますね!
ありがとうございました_<(..)>_
by TOQ (2007-06-05 23:41) 

うさぎ

お返事ありがとうございます!
関東では、チバ、サイタマ、神奈川テレビなどのローカル局の
時代劇アワーで去年やっていたようです。日本人がやっていたそうなので、
おそらくこの水滸伝と同じだと思います。
湯島天神で撮影されたとか。とてもそうは見えなくて、すごいと思います。
フジテレビの西遊記もいいけど、今度はこの水滸伝みたいにリアルなものを作ってくれたらと思います。CGも何もない時代だけに、妙にリアルに見えました。

他のお話、楽しみにしています!!
by うさぎ (2007-06-06 13:49) 

NO NAME

俺も水滸伝のファンです。
横山光輝氏の漫画1~8巻まで持ってます。
小説もいずれ・・・

凄まじく貴重な映像を見させていただきました!

感想

「え!?もう10分たったの?ってもう終わり!?」
てな感じで食い入るように見てました。!
もう、本当にありがとうございます×(無限)!
っていうか、1973年って俺が生まれた年じゃないですか!!
日本で放送してたなんて・・・知りませんでした。orz

水滸伝を知ったのはPCゲームでして・・・あのPC98とかPC88
とか・・・光栄の「水滸伝」が最初なのです。はい。
ドラマがあったなんてこのブログで目視(凝視)してました!!
インターネットがなかったら知らなかっただろうなぁ。・・・本当に。

DVDでたら即買します!予約でね。
何よりも貴重な映像をもう本当に
本当にありがとうございました。

あ、長文、長々と失礼しました。

ドラマでこれほど購買意欲があるのは
自分でも信じられません。マジで(笑)






by NO NAME (2008-05-06 23:32) 

TOQ

>NO NAMEさま
熱烈なるリアクションをありがとうございまーす(^^)/

水滸伝ってホントに間口が広いですよね?老若男女を問わず
愛されている。そして、横山光輝先生かシブサワコウ先生の
洗礼を受けてこの世界の住人になることが多いと思います。
しかし、ワタクシは更にその前に小学生の頃、この番組で
林中たちのカッコよさに夢中になったのが、原点なのです。

クラス中でマンガ廻し読みが流行ったきっかけは、皆んなこの
水滸伝を見てたから。つまりテレビ⇒横山光輝の順序なんです。
by TOQ (2008-05-07 00:49) 

神無月仏滅

有難うございます! ン10年ぶりに視られて感謝感激です。
土田早苗さん、どれかの回でヌードになりましたよね。あれが当時中学生の僕には衝撃でした。
by 神無月仏滅 (2008-12-08 01:36) 

TOQ

◯神無月仏滅さま
TOQのブログへ、そして懐かしの『水滸伝の世界』へ
ようこそ、おいで下さいました〜♪特にリアルタイムで
見ていた人には、たっぷりと楽しんでいただけるハズです。
1時間の番組を20分に凝縮してますが、面白い箇所だけ
を抜き出したという自信はありますから。

それにしても2年ちかくも前に公開した記事への訪問と、
35年も前の映像への評価をいただけるなんて、ブログで
公開してホント〜にヨカッタと思います。
by TOQ (2008-12-10 02:32) 

てりやきてりー

懐かしいですねー。
この水滸伝ってドラマは時々、ふと思い出しては
「面白かったよなー。ナンデ今の時代にはああいうドラマが作れないんだろう?」
って思ってました。

この作品での土田早苗さんがとっても綺麗なんですけど、確かある話の中で彼女が敵?の策略にハマって催眠術にかかったのか媚薬を飲まされたのか・・・突然服を脱ぎ始めるシーンがあったんですよね。
当時、子供ながらとってもセクシーでドギマギしたのを覚えています。もう一度見てみたい・・・。

本当に早くビデオ化して欲しいですね。
by てりやきてりー (2010-07-29 01:17) 

mac mts

すごいですよね!僕も見たことがあります。すばらしいドラマです。
by mac mts (2013-03-29 15:12) 

TOQ

◯mac mtsさま
ようこそ、TOQのブログへ♪よく見つけてくれました!
いま、なぜ水滸伝なのか?は理由はわかりませんが、最近
一連の記事へのアクセスが増えています。元々公開してた
ダイジェスト動画をお見せできなくて、残念でなりません。

「土田早苗」と「ヌード」以外での検索で訪問して下さる
放映当時を懐かしんでのコメントはいつでも大歓迎です☆
by TOQ (2013-03-29 20:00) 

つきみ

水滸伝、リアルタイムで見ておりました。
勿の論、原作も平凡社版で持ってます。大刀・力勝の部下を平なんとか成さんという今でも活躍しているしゃがれ声の俳優が演じていました。
by つきみ (2013-11-26 18:49) 

TOQ

◯ つきみさま
コメントをありがとうございます。放映当時見ていた方に
懐かしがっていただけると本当に嬉しいです。現在は事情
があって削除してしまったので、映像をお見せできなくて
残念なんですが・・検索で見つけて頂けたのでしょうか。
VAPからDVDボックスも発売されていますので、件の俳優
さんを特定することができるかもしれませんね。
by TOQ (2013-11-27 23:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5