So-net無料ブログ作成
検索選択

勝手に『水滸伝』ウィーク 始まるよっっ (動画) [懐かしの映像「水滸伝」]

お待たせしましたっ
今年の3月に公開して以来、ものすごい勢いでアクセス殺到っっ
ご覧になった多くの皆様に、この作品の魅力を評価していただきました。

 水滸伝 (すいこでん)
 その 動画新作登場 です。

 いや、厳密に言えば
 新作ではありません。 なにしろ、
 今から34年も前の作品なのですから、、

<はじめてご覧になる方へ>
 TOQがまだ小学校高学年の頃、日本テレビ
 開局25周年を記念した大型番組として、
 横山光輝のコミック版を原作とした
 水滸伝(すいこでん) がテレビで放映されました。
 (©1973,日本テレビ/国際放映)
 その 秘蔵映像をTOQは持っているのです。



その前に—
例によって一言 おことわりしておきます。

本来、この映像を無断で公開することは
著作権法上は問題のある行為 です!!

  初回放映が1973年ですから、作品の著作権はまだ有効です。
  公開に伴う著作権者への利害関係の発生はないでしょうが、
  作品に出演されている俳優の方への、再放映等の際の出演料
  はどうなるのか、等の問題が微妙ですからね、、
  いまだに、ビデオ化の動きはないんだよね?

2011年4月19日 Toho Co., Ltd. よりYouTubeを通して公開している
 動画が権利を侵害している」旨、申し立てがありましたので、現在は
 動画は全て削除されておりますことをおことわりします。


ということを認識しつつ—

こ〜んな面白い作品を独り占めするのは
申し訳ないので、どどーんと公開 しちゃうものであります。

以前に、他の話数も見たいというリクエストがありましたしね
 大変遅くなりましたが、やっと公開できますよ
 「うさぎ」さま、見てますかぁ??



 今回、御紹介するのは コレです。
 「第17話 林中・宿敵に挑む
 宿敵・高求(こうきゅう)を討たんと、単身
 都へと向かう林中(りんちゅう)。
 しかし、謀略の限りを尽くして宰相の座に
 登りつめた高求は、その林中を捕えるべく
 包囲網を敷いていた。もし林中が捕まれば
 梁山泊(りょうざんぱく)の士気にかかわる


これまでに御紹介してきた「第13話」および「最終話」は
1時間の番組を、苦労して 20分に編集した形で公開して
きましたが、今回は脚本が素晴らしい出来なんで
ハサミを入れるに忍びなくてっっ
 なにしろ、ストーリーが面白い
 ダイジェストでブツ切りにしたくなかった!
 エピソードも削りたくないし、
 見せ場を絞り切るのもキビシイ
結局、
どうにか 30分に収めるのがやっと でした。


ただ、YouTube で公開するとなると
1回につき約10分前後という制限 がありますから
3回に分けての公開になります。

さぁ、お待たせしました。
どうぞ、ごゆっくりお楽しみください。

「水滸伝」第17話 前 編

この続きが気になる方は、近日公開の「中 編」をお楽しみに。。
 (10/21リンク追加)
 中編コチラです
 後編コチラです


このところ、
今回の編集作業で何度も繰り返し見たせいで
今、水滸伝 マイブーム なんです!!

そこで、当ブログは 今日から
勝手水滸伝ウィーク に突入です。 (←もう週末ですが)

期間は「前/中/後編」の公開の完了までとします。
 ⇒ 10/21 ウィーク終了です



それでは、関連企画の第1弾
『水滸伝』に ハマってしまった人の救済措置 です。


「第17話 中編」が公開されるまで、待ち遠しいですか?
すでに編集は完了していますので、もう少しお待ち下さいね(^^)/
それまでの間は
すでに公開済みの他の話数 を御楽しみください。

◯第13話 の記事
  ⇒ これが「水滸伝」の映像です(動画)
◯第26話(最終話) の 記事
  ⇒「水滸伝」いきなり最終回です(動画)
  但し、結末を知りたくない人は見ないでね♡


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(4) 
共通テーマ:動画

nice! 5

コメント 7

OF

おはようございます。お久しぶりでゴザイマス♪
はうぁ!?「水滸伝」って「すいこでん」って読むんだ。
ほほーう。今まで私は「すいきょでん」って読んでました。
正しい読み方を知れましたvありがとう(´'`*)
by OF (2007-10-13 08:52) 

TOQ

◯オース、OFさん♪
「滸」は「許」にさんずいが付いてるでしょ?
「水のほとり」ていうイミなんだよ。ゲームの「幻想水滸伝」も
げんそう「すいこでん」だよ。原語の発音はわかんないけどネ(^^;
niceありがとうございました〜
ちなみに酔虎伝という居酒屋がありますが、読み方はもちろん。。
by TOQ (2007-10-13 15:03) 

no_nickname

お!お祭りが始まっている!
さっそく見させていただきまーす。
by no_nickname (2007-10-14 02:06) 

TOQ

◯3さん
お早うース、で如何でせうか、水滸伝は。。横山光輝の原作
読むだけでも相当な巻数ありますが、この番組は痛快娯楽活劇
として楽しめるんじゃないかと。。お祭りにしたのは、アップ
ロードにかなり時間がかかるんで、実は苦肉の策なんです(^^;


◯Krauseさま
オハヨウゴザイマース(^^)/今朝見てたら、ちょうど目の前で
niceが増えまして、しかも、555niceめを踏んで頂きましたぁ〜。
ありがとうございました_<(..)>_
by TOQ (2007-10-15 08:25) 

坪井

国際放映といえばケンちゃんシリーズ、暴れはっちゃく、東宝テレビ部の
ヘルプ、新東宝シャシン版権管理、のイメージですね。
というか、正しくは再建された新東宝なんですが。
by 坪井 (2007-10-18 22:40) 

TOQ

◯坪井さん
御無沙汰です。国際放映は東宝系なんですか!どっちにせよ
キネマの血が流れてるんですね。僭越ながら、編集してると
この作品の監督さんが映画人であることが、わかるんです。
コマにして1コマあるかないかのアクションつなぎが、あの
スピード感を生み出してました。その職人ワザにはホントに
驚嘆するとともに、ちょと技術を盗ませていただきました。。
by TOQ (2007-10-19 01:53) 

TOQ

◯あいか5drrさん
「水滸伝」シリーズの映像記事に対して、niceをありがとう
ございました(^^)/映像も見ていただけましたか?これが
37年も前の映像だと信じられますでしょうか?しかも、今
みても十分に面白い作品だと思います。たとえ、横山光輝
の原作を知らなくても、10分間楽しめることは保障します!!
by TOQ (2011-04-16 03:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。