So-net無料ブログ作成
検索選択

花ゆめ/創刊35周年おめでとう♡ それはガラ仮の歴史より長い!! [マンガ]

5日20日は、『花ゆめ』DAY


白泉社ガラ仮のPOP.jpg 以前に書きました様に
 TOQは、アキバへ寄る時
 白泉社の前を通っていきます。

 コレは、つい最近撮ってきた
 白泉社ビルの入口にあるPOP
 なんですが、横幅がなんと
 かるく2mはありましたね!

 左の写真は文字が読みやすく
 なるように加工してあります
↑ 一応 ©美内すずえ/白泉社 ね(^^)


あの 映画化されたDMC の時でさえ
ビルの入口にはA2版のポスター1枚だけ (←A全じゃないと思う)
コレは 2008年5月20日の記事で紹介した写真ですが・・
白泉社入り口.jpg





ホラ
 右のハジに
 いるでしょ?


   えーっ、この扱いの違いはナニ??



そりゃあ、なんたって
ガラ仮白泉社カオ
ですからねぇ〜♪
 白泉社の自社ビルだって
 コミックスにドラマに文庫本・・と
 常に売り上げナンバー1
「ガラスの仮面」のおかげで建ったワケだし!?
 
それに、歴史が違います!!
『ガラスの仮面』は月2回刊行となった
「花とゆめ」の創刊2年目から連載開始

 あの衝撃的なオープニング
「北島マヤは一見平凡な少女だった」
 おか持ちを持って駆けてくる少女
 マヤの吐息 ハァ・・ハァ・・
 やがて最終章「紅天女」に
 至る壮大なドラマの幕開け


ただし、ついこの前まで
( 現在は休止中 )」という注釈が必要でした。
が、2008年から 別冊で連載を再開!!
  いいえ、これは怒濤の新連載
  といってもいいでしょう。
TOQは時々 拝見(笑) していますが
先月、亜弓の事故のくだりまでたどりつきました。

 連載当時に見た絵柄と同じような構図なので
 つい油断していましたが、ごく自然な流れで
 亜弓がママの携帯に電話をかけるところ
 「お願い、ママ出て・・」
 しかし、談笑中の歌子は気付かない、、
 というシーンが追加されていました。。
 そう、新連載に向けて描き直されているのです!!

い、イカンイカンっっ
ガラ仮のことになると、つい熱が入ってしまって。。

ともかく
これは、正真正銘「ガラスの仮面」が創刊号から
世紀を越えてもずうっと連載してますってことに
なりますよね?



そんな「花とゆめ」
創刊35周年 を迎えました〜♪♪


そのアニバーサリーつぅことで
  
ただ今絶賛発売中花とゆめ 11号(5/20号)

通常の豪華フロクの他に特別付録として、なんと
花とゆめコミックス(HC) のガイドブックが付いてきます。

  でもサァ〜
  毎年のように創刊◯◯年て文字が踊ってるから
  今年の35という数字にはどれほどの意味が??
  なんだか、うまくのせられた気もするけど。。。

そう思って、付録を見てみると。。


コレがそのガイドブックの表紙
花ゆめ35周年ガイドブック.jpg

 おぉっ
 伝統ある花ゆめが自前で発掘し
 読者とともに育ててきた
 個性的で、実力派の
 作家さんたち
 そして
 花ゆめでしか
 読めない作品たちが
 ズラリと勢揃いしてますヨ
 しかも、サイズは小さいけれど
 主だったコミックスのカバー表紙
 すべてカラー印刷で紹介しちゃう♡
 なんて!? 白泉社は太っ腹だよね〜♪♪
 (コレとのダブル付録つきで320円也)



表紙をめくると
花と夢子ちゃんがお出迎え♡
花ゆめ35周年ガイドブック中トビラ.jpg
そのトビラを開くと
「花とゆめ35年史」の年表
が載ってます。

たとえば—
白泉社「花とゆめ」には、
本誌から河岸を変え、シリーズを変え
いまだに連載が続いているパタリロ!
がありますが、連載開始は1979年10月
で以来およそ30年。タイトルの「!」も
1コマめが「常春の国、マリネラ」という
パターンもずっと続いているのだなぁ(笑)

・・・といった(どーでもいい)ことが、
たちどころにワカってしまうなかなかの
スグレモノで〜す♪
  ©花とゆめコミックス/白泉社



と、まぁ
おめでたいムード一色の記事でしたが、
一言だけ 白泉社に苦言

付録の年表ですが、白泉社作品のドラマ化の歴史なら
スケバン刑事の方が先でしょ!
 (「動物のお医者さん」より10年以上前に放映してます)

現在は、もう白泉社と関係がない
という事情があるかもしれません。
それでも
花とゆめ35周年の歴史から
和田慎二先生を抹殺しようとする
動きだけは許せません。断じて!!!!




 記事中で連載開始の時期については、11号付録に掲載された
 年表より引用させていただきました。記して謝意とします。



このシリーズ、これまでの記事へのリンクはこちらです。よろしければ

   前回の記事はこちら⇒
     花ゆめ/「ケモノの従者の咆哮と彷徨(さまよい)」 JIUJIU
   前々回の記事 はこちら⇒
     花ゆめ/「ケダモノ高校へようこそ!?・・二位卒業したらネ♡」
   前々々回の記事 はこちら⇒
     花ゆめ/「NG⇒OK♡ライフへ・・・そして GoGo!!ファイナル♪」
   前々々々回の記事 はこちら⇒
     花ゆめ/2大サプライズ!!スキップ・アニメ化と、ガ、ガ、ガラスの・・
   前々々々々回の記事 はこちら⇒
     花ゆめ/高尾滋 いっしょにねようよ・・そりゃヤバイって


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 3

manotto

全然知らないのばっかりだぁ0口0!
花ゆめ面白いー??
漫画だよね??
by manotto (2009-05-07 20:54) 

TOQ

◯manotto〜♡
うん、マンガだよ(笑) 「少女」マンガだけど(爆)
スポーツ少女manotto向けなら「花君」かなァ(?_?)
でも、花ゆめって間口が広いから、どれかひとつ位は
manottoの感性にハマると思うよ♪ ホントは頭の中
疑問符だらけなのにniceをありがとうね〜(^^)/


◯「直chan」さま
TOQのブログへようこそ〜♪
こんな感じで細々と「花とゆめ」の応援をしております。
ていうか、自分が好きなだけなんですけどね。
自称・花ゆめフェチですから(笑)
niceありがとうございました_<(..)>_
by TOQ (2009-05-08 23:51) 

TOQ

◯Krauseさま
このようなカテゴリの記事にniceして下さいまして
恐縮しきりです。ありがとうございます。
by TOQ (2009-05-14 00:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。