So-net無料ブログ作成

これが札幌っしょっ!! 第13弾「出来れば一面 花に囲まれたかった(><)『滝野すずらん公園』」 [特集記事「これが札幌っしょっ!!」]

ちょっとだけお持たせいたしましたが
「これが札幌っしょっ!!」の第13弾として—
公園つながりから『滝野すずらん公園』の訪問記
をお届けします。

前回「モエレ沼公園」でもその壮大なスケール感
をお伝えしましたが、今回の「すずらん公園」も
公園という名称で呼ぶにはあまりにも広過ぎで、
それもそのハズなんです。

正式な名称を
国営滝野すずらん丘陵公園
と言います。そうなんです!国営公園なんです。

場所は、札幌市南区真駒内のまだまだずうっと先で、
愛用している「でか字まっぷ」だと掲載対象範囲外!!

そこは—実際に現地を訪れてみればわかりますが、
札幌の遥か郊外にある広大な丘陵地帯・・というか、
むしろ、山の斜面から谷までをそのまま公園として
整備してしまった!??という感じなんですね (*o*)
いやはや、なんともスケールの大きな「公園」!?
そうそう、
「すずらん公園」は北海道では唯一の国営公園です。

 写真は全てクリックすると、拡大表示できます。
 是非、適宜お楽しみくださいネ♪



きっかけは公園のスタッフブログで
「すずらん5万株が満開!!」
の記事を見たことだったと記憶しています。

えーっ、5万株のすずらん?
5万株って想像も尽きませんが、それはきっと
見渡す限りのすずらん畑なんだろうな(想像)
そんなのに囲まれてみたいなぁ〜という勘違い(笑)
から全てが始まりましたっっ

 実はその前日くらいに、現場の同僚(道民)から
 札幌の郊外に「すずらん公園」というのがあり
 写真を撮るには最適の場所だよときいていて、
 しかも見頃は6月頃だと言います。
 
そこにすずらん満開の知らせを受ければ、もう
行くしかありません!
行けばそこにはこんな可憐な花が待っている♪
 当時、ブログにはこ〜んな写真が載っていた
 と想像できます。(これは実際に撮った写真)

可憐なドイツスズランの花たちが・・
ドイツすずらん.jpg

スタッフブログへの写真のアップは、6月12日。
(「見頃を迎えた」日付としてメモしてました)
早い方がいいだろうと、その週末に出掛けたのが
2013年6月14日のことでした。
 公園全体の花々もさぞや見頃なんだろうな〜
 と期待してたんですが、、、



札幌中心部から南北線で真駒内駅まで向かう。
駅直結のバスターミナルからバスで揺られる
こと40分ほど、あたりの景色が次第に山がち
になってきた頃、公園の入口のバス停留所が
あるのですが、ここでまず公園の広さを実感!
 なんせ、公園の入口は3ヶ所もあります。
 ・すずらん公園渓流口
 ・すずらん公園中央口
 ・すずらん公園東口
 なおかつ、渓流口と東口の間には高低差
 があり、それはバスが登る急峻な坂道に
 現れています。
そうなのです。単に横に広いだけじゃなくて
縦方向に高さ、それもかなりの高度差がある
という構造の公園になっているんですね〜♪

今回は一番高い処、すずらん公園東口から!

公園全体のマップを見ても・・デカイ!!!!
FH000001.JPG

地図中央の東口から公園内に入場しました〜♪
入ってすぐのところにある公園全体のマップ
なんですが、大き過ぎて撮りきれませんっっ

マップで見ても、公園全体のデカさにはまず
唖然としてしまいます。
よくある公園のように、処狭しと施設が密集
した造りにはなっていません。
「ローンスタジアム」「カントリーガーデン」
この2つだけで一体どれくらいの広さなんだ!?

そう思って、周りを見渡してみると。。
入ってすぐの「カントリーガーデン」ですが、
画面中央から右側の中央口の方向へかなりの
急斜面になっています!なんとリフトが併設。
冬場はゲレンデへと様変わりするようです!?

左側の「ローンスタジアム」の方も山の斜面
を丸ごと(!!)そのまま活用しているって感じ。
写真には写っていませんが、斜面を降りた先、
写真では上の方には「渓流エリア」が広がり、
ここは元々が自然の渓谷になっていたところ
なんだと想像できます。
いやはや、
とにかくそのスケールには圧倒されまくりっ!

これは彩る花々もさぞかし綺麗なんだろうな
・・と期待に胸踊らせていました〜♪


ところが、、
その期待は、早くも裏切られますっっ



これが虹の丘?・・虹のカケラもないけど??
FH000002.jpg

「カントリーガーデン」てっぺんのあたりを
歩いているのですが、あたりには一輪の花も
咲いていません!「虹の丘」とかかれた看板
が虚しく風に揺れていました。
予定では、ここから一面に広がる花畑の光景
が見られたハズなんですが、全くありません!!

写真で奥の方に見える建物があるでしょう?
あれはこの公園の中央口じゃないでしょうか??
つまり、ここ(てっぺん)から入口(麓)まで
緩やかな傾斜になっていて、その斜面全体を
色とりどりの花々が一面を埋め尽くす光景が
ここにはあるハズでした。。。


麓の方まで降りてみましたが、、
FH010018.JPG
・・花の部分が無惨にチョン切られて(泣)

斜面に沿って、麓の方まで降りてみましたが
花の姿はまったくなく、それどころか居並ぶ
チューリップの茎は、すべてその先端部分が
人工的に切り落とされています!!!
ここに至って、ようやく理由がわかりました!

ここの斜面を埋め尽くしていた色とりどりの
花々、とりわけ7色に輝くチューリップたち
はすでに役目を終え、醜悪な姿を晒さぬよう
すべて一律で花の部分だけが切り落とされた!
その宴の跡の姿を今TOQは見てるワケです(大泣)


”収穫後”のカントリーガーデン
FH010022-カントリーガーデン.JPG

中央口の方からカントリーガーデンの全景を
撮ってみましたが、見事に緑一色で所々には
地面も覗いています(苦笑)

いや〜、なんとも珍しい光景が撮れました (笑)


本来ならばこんな風にチューリップが・・
FH010021-チューリップマップ.JPG

中央口の掲示板に「虹の丘」のイメージ図が
まだ貼られたままになっていました!ほんの
ちょっと前まで、このような光景が広がって
いたんですね〜♪見たかったなぁ〜(遠い目)

いやはや、なんともタイミングの悪い話ですっっ

さぁ、気を取り直して次の場所へ向かいます
上記のマップにある「すずらんの小径」へ♪


んん?すずらんの「小径」って・・
FH010014-すずらん入口.jpg

初めにいた「てっぺん」まで戻ってきました。
ここから、すずらん畑をめざしますが・・

いや待てよ「すずらんの小径(こみち)」って
ことは小径ですよね?な〜んかイヤな予感が
してきましたっっ 見渡す限りのすずらん畑
はナイってこと??


これが『すずらんの小径』ですFH010012.JPG


そうなんです!
すずらん1株の大きさを忘れてましたっっ

すすらんの1株って想像以上に小さいんです!
だから、この一角だけでも数万株はある計算
すずらんの小径全体で約5万株という訳です
 見渡す限りのすずらん畑ではなかったけどっっ
 これだけのすずらんが一斉に咲いてるのは
 ここくらいのものでしょう(^o^)
 それに・・
 よく見ると、早くも枯れ始めた花の姿も、、
 つい2日前に満開宣言が出たばかりなのに
 すずらんの開花時期って一瞬なんですね!


見渡す限り(?)のすずらんが一面に・・FH010010.jpg

すずらんの白く可憐な花々が文字通り満開♪
まさに公園の名前の由来「すずらん公園」の
面目躍如といったところでしょうか (^o^)
 何度だって言っちゃいますが、
 こんなにも白くて、可憐な姿を
 みせてくれるのは、ほんの一瞬
 この日に ここに来て本当に良かった〜♪
 と実感した一瞬でした。


すずらんの白い花が光を受けて・・FH010008.JPG


眩いばかりに輝いています!!FH010009.JPG

すずらんの白い花が風に揺れてて、
ややブレている箇所もありますが
光りを受けて白く輝くさまを是非
クリックして拡大してみてください。


いくつもの花が鈴なりになっています!!FH010013.JPG



すずらんのアップ
FH010011-すずらんアップ.jpg

なにしろずうっと風に揺れているし、
1株の大きさが小さいのでTOQの
カメラではこれが精一杯寄った構図。
可憐な花の一面しか撮りきれなくて
悔いの残る1枚ですが、これが唯一
アップでとらえた写真です (^^;
この1枚を最後に、
すずらんの小径に別れを告げました。


今度は「ローンスタジアム」に向かいます。
木々の隙間から斜面の一角が覗けました〜♪
 
 
すると、、何だ アレは!!??

斜面を赤い玉がころがっていきます
FH000005.JPG
FH000006.JPG
よく見ると、人が押しています!

一体何だったんだ?アレは!?
・・・その答えは、後ほどのお楽しみ
ということで(笑)、先へと進みます。



ローンスタジアムのてっぺんには天文台が
FH000007.JPG

ここは周囲を山に囲まれ都会の光を遮って
星空が凄くよく見える絶好の観察ポイント
なのでしょう☆☆本格的な造りの天文台が
設置されていました。この位置が高度的に
かなり高い位置である証拠とも言えますね。

星の精のレリーフが可愛らしい☆
FH000008.JPG

小さな天文台の全景です☆☆
FH000010.JPG
残念ながら、開館はしていないようですね。
ローンスタジアムに戻ります。



ローンスタジアム全景(左側)
FH000013.JPG
ちょうど、斜面全体を見渡せるあたりから、
ローンスタジアムの全景を撮ってみました。
広大な緑の敷地が一面に広がり、上の方から
かなり急な傾斜で斜面が途中まで続いている
様子がおわかりになるでしょうか。

ローンスタジアム全景(右側)
FH000014.JPG
その傾斜が徐々に緩やかになっていって麓の
「こどもの谷」エリアへと続いていってます。

と、ここで画面右端に何やら花らしきものが
写っています。この地で見た初めての花が(笑)
これを逃す手はありません!近づいてみます♪


なにやら、紫色の花の一角があります!FH000015.JPG


なんだ、と吸い寄せられるように・・FH000016-トリム.jpg



近づいてみると・・ピンク色の花が!!
FH000019.JPG


FH000020.JPG


FH000021.JPG
・・これは『ルピナス』の花なんです♪

撮っている最中は何と言う花なのか知らずに
ただただ綺麗さに夢中になって撮ってました。
家に帰ってから、改めて調べてみると。。
これらはルピナスだったんですね♪
 一般的に紫かと思ったら、こんなにも
 鮮やかなピンク色の花もつける種類が
 があるとは!花弁の形が独特で、別名
 ノボリフジとも呼ばれているそうです。
 TOQはファインダを通して、美しい
 フォルムに惚れ込んで撮っていました!
 
ところが、あたりに立て札もなく全体的には
雑然と生えているかんじで、こんなに綺麗な
花を咲かせていても園としては「雑草」扱い
なんじゃあないかな〜と心配してしまいますっっ
大丈夫ですよね?刈り取ったりはしない??


ルピナスと赤い玉
FH000018.JPG

ところで、ルピナスの生えている丘のあたり
からは、ローンスタジアムの斜面の終着点が
よく見えてます。赤い玉も確認できますね!


遠くに見えるのは巨大なアリ塚です
FH000023.JPG

角度を変えて撮ってみると、
遠くの方に見えるアリ塚のあたりで急に
落ち込み、その先は峡谷に連なるような
急峻な斜面になっていそうに見えますね!
ここが自然の斜面の地形を活かした造り
になっていることが見てとれますよネ!!



”ふもと”の方には赤い玉が大集結っっ
FH010002.JPG

ローンスタジアムの終着点のあたりです。
斜面をころがり落ちてきた無数の赤い玉!
その傍に一緒に斜面を降りてきた操縦者。
あるいは、後ろから追われてきたのかも!?
いずれにせよ、なんだか楽しそうだな〜♪

では、
そろそろ赤い玉の正体に迫りましょうか?



お待たせしました!赤い玉です
FH010003.JPG
通称『ビックリボール』

赤い玉の正体は『ビックリボール』という
遊具で、玉の直径は1.2メートルあります。
こんなにも大きな玉を斜面で転がすことが
できるんです!こりゃあ夢中になりますよ!

 上の写真は
 かなり斜面の上の方でころがりもせずに
 じっとその場にたたずむビックリボール
 を見つけて撮りました。

これからこの玉を後ろからころがしたり、
前の方で玉に追いかけられたりしながら、
斜面の下の方まで一気に降りてゆく遊び。
子供たちの歓声は、止むことがありません。
もちろん、下まで降りてしまったら、また
上まで運ぶ必要がありますが、それすらも
楽しんでしまう。

まさに、広大な敷地を活かした最高の遊び♪
TOQも思わずやってみたくなってしまう!?
(実際、やりませんでしたけどネっっ)


巨大なアリ塚の前で
FH010007-巨大アリ塚前で.jpg
ハイ、チーズ(^o^)

背後に聳え立つ巨大なアリ塚は公園自体の
シンボルのようです。記念写真のプレート
が設置されていました。
この先もまだ公園は続いているのですが、
帰りのバスの時間が迫ってきてましたので
今回はここまでで終了とあいなりました。



以上で「すずらん公園」の訪問記は終了です。
いやぁ、訪れたタイミングが何とも間が悪く
一面花に囲まれた写真は1枚も撮れずじまいっっ
それでも、当日撮った写真を並べてなんとか
これだけの記事をまとめることができました♪

もし、札幌を訪れる機会があって、滞在中に
半日ほど時間に余裕があるのなら、是非とも
「滝野すずらん公園」を訪れてみて下さいネ♪
ただし、くれぐれも訪問の時期には注意して(笑)

それでは、再びこのシリーズの記事で皆様に
お会いできることを楽しみにしております (^^)/

2017年10月11日
TOQ 拝
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 4

SORI

TOQさん こんばんは
国営公園と名のついた講演があることを今まで気が付きませんでした。調べてみると全国で17ケ所にあるのですね。こちらの公園は395.7haと広いですね。花の季節はすばらしいと思います。しんし公園の名前となっている「すずらん」の植わっている面積が少ないとは驚きました。
確かに、私の近くの公園の彼岸花でも10万株なので、5万株で公園の名前になっているのは寂しいですね。きっと500万株くらい植えると、話題になるのでしょうね。
by SORI (2017-10-12 01:38) 

TOQ

◯SORIさん
こんばんは。早々のご訪問をありがとうございます(^^)/
大きさまで調べていただき・・そう、とにかく広いんです!!
それに、一面の花畑が見られなくて、本当に残念でしたっっ
すずらんは数こそ少ない(!?)ですが、きっと公園のスタッフ
が大切に育てて見守ってきた末の一斉開花だったと思います。

おかげさまで、当ブログの意義を再認識できました。札幌に
こ〜んな場所があることを、お伝えすることができて本当に
ヨカッタと実感しています。niceをありがとうございました♪
by TOQ (2017-10-13 00:09) 

OMOOMO

さすが、北海道、スズランの、群生初めて見ました。
清楚ですてきなはなですね。
by OMOOMO (2017-10-17 14:45) 

TOQ

◯OMOOMOさん
ありがとうございます♪そう、言っていただけるとささやかな
スズランの写真を公開してヨカッタ!!と実感できました(^^)v
写真から小さく白い花の清楚さも伝わったようですね〜♪♪
早々のご訪問とniceをありがとうございました(^^)/
by TOQ (2017-10-18 00:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント